当事務所の相続・遺言書専門サイト【相続と遺言書相談.com|埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所】はこちらから
終活

被相続人がインターネットバンクを利用している場合は要注意

よくわかる相続と遺言書のマニュアル終活

被相続人(亡くなった方)が所有していた銀行口座の相続手続きでは、通帳などが残されていれば、比較的容易に相続人がその口座を把握することができます。

しかし、被相続人がインターネットバンク、特にインターネット専業銀行の口座をつくって利用していたという場合、口座の情報は通帳ではなくインターネット上で管理する形になっています。

そのため、何も情報を残していないと、相続人がその口座の存在を把握することができずに、相続手続きから漏れてしまう可能性もありますので注意が必要です。

口座の情報は必ず残しておくこと

インターネットバンクなどを利用していた場合には、まず相続人がその存在を把握できるようにしておくことが重要です。

口座の情報を残しておく方法はいくつか考えられますが、例えば遺言書に口座情報を記載しておくことや、財産目録を作成しておく、あるいはエンディングノートといった形で情報を必ず残しておくようにしましょう。

インターネット専業銀行の場合、口座情報はインターネット上で管理するようになっているので、何も情報がないと相続手続きから漏れてしまう可能性があるためです。

また、銀行口座だけでなく、証券口座をインターネット上で管理している場合には、その情報も併せて残しておくようにしましょう。

FXなどの口座を開設して運用していた場合、何らかの要因で大きく為替が変動するといったことがあると、多大な損失が生じる可能性もあります。

結果として相続人に金銭的な負担が生じることがありますので、注意が必要です。

もし情報が残されていなかったら

インターネット専業銀行などは、通常の銀行よりも一般的に金利が高く、各種の手数料も安いということもあり、様々な形で利用している方が少なくありません。

ただ、インターネット専業銀行でもキャッシュカードは発行していることが多く、カードの裏面などに銀行への連絡先が記載されている場合もあります。

インターネット専業銀行でも、当然相続手続きは可能なので、もしカードが出てきたら、記載されている電話番号に問い合わせて手続き方法などを確認しましょう。

インターネットバンクの情報管理も終活の一環として抜かりなく

とはいえ、もしカードが出てきても相続人が何のカードなのか分からず、相続手続きから漏れてしまう心配があります。

もし、まとまった金額が残されているようであれば、場合によっては相続税の申告などにも影響が出てきてしまい、後に相続人が余計な税金を支払うことになってしまうことにもなりかねません。

ですから、やはり何らかの形で口座の情報などを残しておくのが安心でしょう。

自分の財産状況を整理、把握するためにも、終活の一環として財産目録やエンディングノートといった形で情報をまとめておくことをぜひお勧めします。

ネット専業銀行の相続手続きについては、参考として下記のリンクを参照してみてください。

参考相続|ジャパンネット銀行
参考口座名義人が亡くなった場合 – よくあるご質問|楽天銀行
参考相続のお手続き |各種お手続き|イオン銀行